Sunday Morning

定番から変わり種まで!お土産で差をつけよう!

定番お菓子で安定の地位を確保

東京には様々なお土産が存在していますが、東京に行った人が買ってくるお菓子の中でも割合が高いのは、バナナ型の例のお菓子でしょう。黄色く、中にバナナ餡がしっかりつまったバナナのお菓子は、すでに東京土産として定着しています。食べなれた人も、初めて食べる人にも好評で、勿論バナナ好きの人からも好まれるお菓子です。奇をてらったようで、その実、想像に難くない味と、意外な柔らかさが人気の秘訣であり、東京駅でしか購入できないキャラメル味なども販売されています。

美しいグラスに酔いしれる

東京、かつての江戸。江戸末期に登場し始めた、今で言う「カットグラス」は、当時「江戸切子」として大変人気を博した商品でもあります。透明なグラスに様々なカッティングが施され、着物で見かけるような、菊、矢来などが多く彫られています。その製法は、伝統工芸にも認定されています。現在でも江戸切子は人気土産の1つであり、デパートなどでも購入できる他、江戸切子共同組合やショールームなどで購入が可能です。東京に足を伸ばした際には覗いて見るのも良いかもしれませんね。

おしゃれな見た目の和菓子で攻める

和菓子といえば、お年寄りが好む物のイメージがありますよね。若い人も好きな方は勿論多くいらっしゃいますが、お土産の和菓子となると、饅頭や最中辺りになりがちです。しかし、そこは東京。和菓子といっても、少しばかり違います。例えば、マカロン。どう考えても洋菓子ですが、中身の餡は白味噌を利用し、季節によってユズや山椒など味が変わります。他にもスティックタイプの最中や、豆ジャムと呼ばれる粒餡でも漉し餡でもない新しいタイプの餡子もあり、東京の和菓子は伝統的でありながら未来を進んでいます。

カンパネラとはイタリア語でcampanella(小さな鐘)を意味します。カンパネッラとも言われています。

Comments are closed.