Sunday Morning

人気上場中!?屋上緑化で得る事の出来るメリット

環境に優しい!エコが出来る

屋上緑化をする事で環境保護やエコになる事を知っている方は多いですよね。植物を屋上に植える事で二酸化炭素(CO2)の削減効果がある事や都心部で問題となっているヒートアイランド減少を緩和する事が出来るといったメリットがあります。普段利用しない屋上に庭園を作る事で空間創出効果を得る事が出来、従業員がリフレッシュしたりコミュニケーションを行う事の出来る癒やし空間を作る事が出来ます。また、環境保護やエコを行う事で企業や自治体のイメージアップが出来るといった意外なメリットもあるんですよ。

屋上緑化で省エネが出来る理由とは?

植物には蒸散作用という働きがあり、屋上緑化をする事で暑い夏には、遮熱効果を得る事が出来ます。建物内の熱負荷を低減する事が出来る事で冷房効率を上げ、電気代等のコストを抑える事が出来るといったメリットに繋がるんですよ。また、暑い夏だけではなく、冬の季節でも植物が持っている保湿性の働きを利用して暖房効果を高める事が出来るといった1年の通して省エネ効果がある事で多くの企業から人気や需要が高くなっています。

建物を保護する効果がある!

環境保護や省エネ効果だけが屋上緑化のメリットではないんですよ。屋上緑化をする事で酸性雨や紫外線等による壁面や防水層の劣化軽減効果を得る事が出来る事で建物の耐久性を向上させる事が可能となっています。屋上緑化をしていない建物の屋上では、夏季と冬季で屋上面の温度差が激しい事や直接外気にさらされている事による露出面の劣化スピードが早くなっています。それらの要因を軽減する事も出来る事からライフサイクルコスト低減の効果にも期待する事が出来ます。

屋上緑化とは屋上に植物を植えることを指します。これにより、建物の景観や断熱性の向上させることができます。

Comments are closed.