Sunday Morning

100均の布や毛糸を使ってみよう!自分で作ろうキッチン雑貨

洗剤を使わなくても汚れが落ちる!アクリルたわし

かぎ針編みが好きな方、アクリル100%の毛糸を使って、アクリルたわしを編んでみませんか。アクリル繊維だけで作られているので、食器用洗剤を使わなくても汚れが取れ、環境にも優しいたわしなのです。毛糸メーカーや手芸用品の販売店舗のサイトに無料の編み図が載っているので、ダウンロードしてみましょう。基本的な編み方である鎖編みとこま編み、長編みと長々編みを組み合わせて作るものが多いので、初心者の方が練習用に作っても大丈夫ですよ。可愛いお花や動物の顔が、あっという間に出来ますよ。

はぎれを使ってみよう!コースターやランチョンマット

100均には、約30cm四方の小さなはぎれから、約50cm四方のパッチワーク用はぎれまで色々と揃っていますね。小さいはぎれを使えば、コースターができますよ。15cm四方に切り分けて、2枚を1組にし、縫い代1cmずつにして、中表にして3辺を袋状に縫い合わせます。1辺は真ん中辺りを5cmほど残して表側にひっくり返します。綺麗に形を整えた後に、開き口をまつり縫いで縫い合わせます。これでコースターの出来上がりです。ひっくり返す前に四隅を三角形に切っておくと、角が綺麗に出ますよ。裏表違う生地だと、リバーシブルになってお洒落ですね。応用してランチョンマットにするには、大きめのはぎれを使い、出来上がりの大きさをA4くらいにしてみてください。作り方も縫い方も一緒です。

バンダナやミニ手ぬぐいを組み合わせて!御膳掛けに

テーブルの上のものを隠したい時、ホコリ防止に食器の上にかけておきたい時、御膳掛けがあると便利ですよね。バンダナやミニ手ぬぐいを縫い合わせるだけで簡単にできますよ。まず、衛生上の問題があるので、事前によく水洗いしておきます。同じ大きさのバンダナやミニ手ぬぐいを、好みの大きさに合わせて偶数枚用意します。長方形なら2枚、大きめの正方形なら4枚ですね。縫い代を1cm取って縫い合わせます。縫ったままでは強度が心配なら、片側の縫い代を半分に切って、長い方の縫い代でくるみ、そのまま縫い付けて折り伏せ縫いにすると、ほつれにくいですよ。大きめの長方形にするなら、普通の大きさの手ぬぐいを2枚使ってもいいですね。

テーブルで使う塩やさとう入れのスノードーム型のものが人気です。キッチン雑貨も色々と面白いものが出てきています。

Comments are closed.