Sunday Morning

ウォーターサーバーに設置する天然水には種類がある

京都の天然水の特徴をチェック

京都の天然水はミネラルバランスが良く安全性の高い水として人気があります。ウォーターサーバーを扱っている業者は多数ありますが、多くの業者が京都の天然水を販売しています。ペーハーバランスは中性でカルシウムやナトリウム、マグネシウム、カリウムといった天然のミネラルが豊富に含まれています。赤ちゃんがいるご家庭ではミルク作りにウォーターサーバーの水を使用する方が多いですが、京都の天然水なら赤ちゃんの体にも安心です。

富士の天然水の特徴をチェック

ウォーターサーバーに設置するボトルには各地の天然水が用意されていますが、中でも知名度が高く人気を集めているのが富士の天然水です。富士山の大自然が生み出す天然の水をフィルターでろ過して美味しくて安全な水に仕上げています。富士の天然水はバナジウムを多く含んでいることが特徴的です。もちろんカルシウムやマグネシウム、ナトリウムといった天然のミネラルもバランスよく含まれているので、ミネラルが不足しがちな方に最適です。

日田の天然水の特徴をチェック

国内で採水できる天然水は各地にありますが、大分の日田の水は京都や富士等と並んで人気と知名度のある天然水です。日田の大自然が作り出す貴重な水で地下深くから採水しています。日田の天然水は国土交通省による水の郷百選にも選ばれているので、初めて利用する方にも安心です。弱アルカリ性の体に優しい水で、カルシウムとナトリウムを多く含んでいることが特徴的です。人間の体内にはミネラルが必要ですが、毎日の食生活で不足しがちな方は天然水を摂取するといいでしょう。

水のトレーサビリティは食の安全を求める上で重要ですので、ラベル等に生産地がわかるバーコードを添付すると良いでしょう。

こういう点に注意!壁面緑化をするための3つの方法

地面から上へ向かって緑化!

地面から上へ向かって生長することで、壁面を緑化する場合には、フェンスやワイヤーなどの、絡み付くためのものが必要となる植物と、そうでない植物とがあります。たとえば、イタビカズラやナツヅタなどであれば、壁に吸い付きながらツタをはわせる性質があるため、放っておいても自力で上がっていきます。一方、アケビやスイカズラなどの場合には、ツタを絡ませながら上がっていくので、なにか絡み付くものが必要になります。植物の性質をよく知った上で、さりげなく生長の手助けをしてあげるといいでしょう。

屋上から下に向かって緑化!

屋上から下に垂れ下がるようにして、壁面を緑化する場合には、屋上に土壌となるコンテナなどを置くことになります。ただ、そのスペースが限られている場合がほとんどです。そのため、一株で大きな面積の壁を緑化することはできません。また、日差しや風にさらされやすく、常に水分が不足気味になってしまうことも多いので、何らかのかたちで、自動灌水システムを設置しておいた方がいいでしょう。また、乾燥に強い植物を選ぶことも大切になります。

土の代用物を壁面に取り付けて緑化!

壁面に土の代用物を設置して、壁面緑化をする方法もあります。土の代用物には、ヤシ繊維のマットなどが、よく使われています。このような方法は、壁のそれぞれの場所から生長するため、変化に富んだ壁面緑化となることが多いのですが、その一方で、土壌が少なく、水分も少ない、植物にとっては厳しい環境になる場合が多くなっています。土の代用物の人工土壌部分に、常に水が行き渡るような灌水パイプの設置をするといったような、何らかの対策が必要になるでしょう。

壁面緑化とは、ツル性の植物などを壁に這わせ、建築物の断熱性や環境改善に影響を与えます。ヒートアイランド対策に有効であるとも言われています。

機械式時計の三大複雑機構の概要と仕組みについて

パーペチュアルカレンダー

永久カレンダーのことですが、大小の月のみならずうるう年にも対応します。4年間で1回転,1か月に1歯動く歯車が搭載されていて、ひと月に一回転する歯車を制御します。4年間で一回転する歯車には大小の月、さらにうるう月の2月と平年の2月の4パタンの溝が刻まれていて、溝の深さ(平年の2月がもっとも深く、大の月が最も浅い)が深い程、早くひと月に一回転する歯車をリセットします。ところが、うるう年には例外があり、つまり100年に一度のうるう年(下二桁00年の年)は、百の位が4の倍数以外は平年に成ります(つまり4百年間の内うるう年は97回となる)。通常のパーペチュアルカレンダー機構はこれら例外の年は手動で調整する必要がありますが、「セキュラーカレンダー」と呼ばれる機構を組み込んだ時計は完全自動化を実現しています。

トゥールビヨン脱進機

重力から受ける影響を最小に抑え精度を高めるために開発された機構です。機械式時計には調速器という機構があり一定のタイミングを刻んでいます。調速器は振り子(テンプ)を内蔵しておりますが、時計の向きによりその振り子の振れる方向が重力に対し垂直でない場合、タイミングに誤差が生じ時計の遅延あるいは進み過ぎが起きる原因となっていました。トゥールビヨンは調速器自体を1分に1回回転させることで時計の向きがどの方向であっても振り子と重力の方向が一方に偏ることがないようにしています。これにより機械式時計の精度が大幅に向上しました。

ミニッツ・リピーター

ミニッツ・リピーターは発する音の数で時刻を知らせる機構です。音は内蔵される大小のハンマーを使って出しますが、大きいハンマーが時刻、小さいハンマーが分を表します。さらに大小のハンマーを同時に鳴らすことで4分の何時間経過なのかを表します(例えば大小ハンマー3回で45分経過)。腕時計等に搭載されるミニッツ・リピーターは非常に精密で高度な機構であるため大変高価となります。またその音色も時計の価値を左右する重要な要素であるため、その素材や構造には職人の創意工夫が込められています。

ウブロの時計は高級ブランド品であり、カジュアルな普段着にも合う時計であり、ビジネスの現場でも違和感なく使える時計なのです。

ページ:12